www.thesisweb.net

車の全損とはその名が示すように全てが故障してしまう場合で、つまり走行することができないという状況の自動車としての役目を果たさなくなった時に使用されますが車の保険での【全損】は多少異なる内容があります。自動車の保険のケースでは車が損害を受けた場合に『全損と分損』というように2つの種類区別され「分損」は修復のお金が保険内でおさまる状況を指し、反対に《全損》とは修復の費用が保険額を超えてしまう場合を表します。通常、車の修理で『全損』と言われると車の最重要のエンジンに取り返しのつかない損害が起こったり乗用車のフレームが歪んでいたりして直すのが不可能である為リサイクルか処分にするのが当然です。しかし、自動車の事故の後に業者や自動車の保険屋さんがこの修理のお金を計算した際にいくら表面的に綺麗で元に戻すことができる場面でも修理費が補償よりも高くては何の目的のために車の保険に入っているのか分からなくなりそうです。そのような場合は、『全損』と考えて愛車の所有権を車の保険屋さんに譲渡して補償額を貰うシステムとなっています。もちろんの事ですがかなりの時間使用した自動車で愛情があり、自分で修復をしてでも乗り続けたいと考える車の所持者多くいらっしゃいますので状態において自動車の保険屋さんと話し合ってみるといいかもしれません。そして、 自動車任意保険にはこのような場面が想定され特約などの全損の時のために特約つけている場合が多々あり、万が一愛車が全損となってしまっても車を買い換える費用を一部負担してくれる場面も実在します。さらに盗まれた場合の補償額の特約をつけるならばとられてしまった乗用車が発見されない場面でも《全損》の扱いで、補償金が払われることになります。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.thesisweb.net All Rights Reserved.