www.thesisweb.net

愛車を買い取ってもらう時、また車両の査定のさいも印鑑証明というものがなければなりません。この印鑑証明という書類に関して説明しましょう。印鑑証明とは、実印として効力を持つという事実を実証する目的の書類です。印鑑証明がない場合には、その印鑑について実印であることが保証できません。個人にとっては相当高額な売買になる車の買取ですから必然的に実印が要ることになりますがその時に印鑑証明が必要となるのです。印鑑証明という書類をつくるためにはまず印鑑証明の手続きをしておかなければなりません。登録する印は正式には実印といい、同じものが二つとないハンコであることが必須です。実印を準備してお近くの市役所などの窓口に行けば、印鑑登録の手続きができます。手続きが済むと、印鑑登録カードなるものがもらえて、印鑑登録をしたはんこは実印として使えるようになったということになります。印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を発行してもらうためには、役所の担当部署で、印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を埋めて、印鑑登録カードを持って行くだけです。他にも、自動交付機で印鑑証明書を発行する事が可能です。印鑑証明には有効期限はありません。ですから、どんなに前の印鑑証明でも証明書としての効力は消えないことになります。しかしながら、クルマ売却のときには、印鑑証明は三ヶ月以内に発行された書類とされています。ほとんどのケースで有効期限の定めはないのですが、車の売却の時は、店側が有効期限を教えてくれるのでもしも中古車買い取りの予定があるのであれば売却前に準備しておくことが望ましいです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.thesisweb.net All Rights Reserved.