従業員が間違った利用レシートというもの

クレカをお店で決済する際に誰しも体験したことがあると察しますが、レジのスタッフが慣れていないためどの紙を利用者の方に渡すのか迷うことがあるのではないでしょうか。楽天カード

というのは、クレジットを使うと、マシン複数枚のレシートというものが出されるからでこのレシートのうちどれを利用者の方に渡すのか判断できないというものだ。

複数枚のレシートの正体●これまで述べた複数枚の利用明細の正体とはとは?ということの概要は、以下のようになります。

1利用者に保管してもらう明細レシート。

2お店の控え使用明細。

3カード会社保管用レシート(サインを書く明細)。

本来であればあたりまえのようにカード利用者側へ渡すレシートを受領するものですが時々、別の紙をお客さんに対して誤って渡してしまったケースや、記名した側の利用明細自体を渡すようなという事故も見受けられるのです。

このようなケースはパート従業員の場合や、さほどクレジットというものが使われるケースの少ない店頭の会計でクレカを使おうとすると、こんな店員の心の乱れを垣間見ることが出来るようです(笑)。

従業員が間違った利用レシートというものを提示してきた際は冷静に「違いますよ」と一言直してあげてください。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.thesisweb.net All Rights Reserved.